【レビュー】わいわいわいショップを使って、カナダ版iPhoneを個人輸入してみた

お久しぶりです。久しぶりのブログ投稿になります。

さて、先日iPhone 12 Pro Maxが11月13日に販売されたことは記憶に新しいのではないでしょうか。今回は、iPhone 12 Pro Max カナダ版を個人輸入してみたので、レビューします。

なぜ海外版のiPhoneを輸入したのか?

では、なぜ今回わざわざ日本版ではなく、海外版のiPhoneを輸入したのか。
理由は、2つあります。

シャッター音が鳴らないから

僕が海外版を購入する一番の理由は、シャッター音が鳴らないからです。
日本では、昔に色々発生した事件等が影響しており、ガラケー時代から携帯電話は、ずっとシャッター音が鳴るようになっています。

もちろん、日常使いでは周りもシャッター音が鳴る端末ばかりなので、特段困ることはありません。ですが、大学の授業中や、会議中など基本的に静かな環境でのシャッター音というのは響きます。

そのため、僕は撮影環境に囚われず、写真を撮りたいので海外版を購入しています。

カナダ版は、日本版と同一モデル

iPhoneには、外見は一緒でも販売国によって通信できる周波数帯等が異なるモデルを販売しています。

iPhone – 5GおよびLTEネットワークに対応している国を見る – Apple(日本)

ですが、iPhone 12 Pro Maxの場合、カナダ版は日本版と比べてシャッター音が鳴らない以外の違いがありません。そのため、日本のキャリアでも確実に通信することができます。

また、日本でBluetoothやWiFiなど電波を使用する端末には、あらかじめ技適といった認証を受けている必要があります。この認証を受けていない端末を日本で使用すると、電波法違反になるので注意が必要です。
しかし、先ほども記述した通り、カナダ版は日本と同モデルなため、技適マークが存在します。そのため、電波法違反にならず安心して使うことができます。

オンラインのApple Storeで購入することにしましたが、AppleStoreは購入国内でしか発送できません。そのため、転送業者を使うことにしました。

わいわいショップとは

2000年よりカナダのバンクーバーにてネットショップ、および輸入、買い物代行サービスを行っています。

このサイトを選んだ理由としては、カナダの転送業者をGoogle検索で検索しており、上位に出てきたからです。笑

申込方法

申込方法は、見積もりフォームより行うことができます。そのあとは、メールでのやり取りになりますが、返信は24時間以内には必ず来ていたので安心して使うことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA