【東京オリンピック】チケットが取りやすい穴場はある?あなたに合うおすすめ種目教えます!

getticket-tokyo-olympic-logo

最近、トルティーヤにめちゃくちゃハマってるTettereです。

5月9日からオリンピックの抽選受付が始まりましたね。いやー、もうそんな時期ですか。スポーツ大好きな僕からしたら来年が待ち遠しくて仕方ないですw

今回は、「オリンピックを生で見てみたいけど正直あんまりわからない」「安くみれるオススメの競技とかないのかな?」という人に向けて、僕があなたに合うオリンピック種目を教えます。

抽選販売の概要

今回の東京オリンピックのチケット販売は抽選方式になっています。チケット総数780万枚。最高価格は開会式A席30万。競技だと陸上男子100m決勝13万となっています。誰でも申し込めばチケットを手に入れられるわけではなく、抽選で選ばれた人だけがチケットを獲得することができます。運次第です。抽選販売期間は以下の通りになっています。

  • 抽選申込期間
  • 2019年5月9日(木)10:00~5月28日(火)23:59

  • 抽選結果発表
  • 6月20日(木)

  • 購入手続き
  • 6月20日(木)〜7月2日(火)23:59

詳しい申込方法が書かれているものと公式ページのサイトURLを載せておきますので、そちらをご覧ください。公式ページ→東京2020公式チケット販売サイト
抽選申込方法を確認する→PC版 スマホ版 

抽選販売で外れてしまってもまだチャンスはあります。2019年秋以降に先着販売2020年春に対面販売(海外用に用意しておいたもので余ったもの)、最後には、用事ができて行けなくなってしまった人がチケットを「定価」で譲ることができるリセールサービスが用意されています。

さてここからが本題です。いくつかのパターンに分けて紹介していきますので、自分にあったものを見つけてください。

とにかくメダル獲得の瞬間に立ち会いたい!

「あんまりスポーツとかわからないけど、とにかく感動の瞬間に立ち会いたい!」そんなあなたへのおすすめは「男子マラソン」です。

男子マラソン

東京オリンピックでは新国立競技場を出て、浅草で折り返すコースが予定されています。価格は2020円〜6000円でとてもリーズナブル。お値打ちで新しい国立競技場にも行けて、メダル獲得の瞬間を7万人の人と一緒に目にすることができます。さらに競技が午前中なので、暑い時間帯を避けられます。もうこれは行くしかありません!

続いては、普段ならあまり手が出せないけどオリンピックならこの価格で見れる!という種目を紹介します。

行くしかない!いつもは見られないお値打ち価格で!

友達に誘われたりしてスポーツ観戦に行こうとはするけど「価格が高くて手が出しづらい」「テレビでいいかな〜」なんてことあったりしませんか?でも、せっかく東京でオリンピックやるんだし行ってみたい気持ちもある。そんなあなたにピッタリな種目が2つあります。

ゴルフ

ゴルフでは、トッププロが集結するマスターズという大会が開かれています。アメリカで開かれるので日本から行くとなるとツアーに参加することが一般的とされています。ツアーに参加すると30万〜40万、本戦まで見るとなると70万ほどかかる場合もあります。マスターズの本戦は5万を超えていて、とにかく高いです。円高ということもあって仕方ないんですけどね・・・。そんな手の出しにくいゴルフが、東京オリンピックでは2020円〜10000円で観戦できます。どうですかこのギャップ。めちゃくちゃ安く感じませんか。かなりオススメです。

テニス

テニスでは、去年大阪なおみ選手も優勝した全豪オープンも1つに数えられる、四大大会がオーストラリア、フランス、イギリス、アメリカで実施されています。価格は25000円〜90000ほどでこちらもかなり手が出しにくいです。これらの大会と同レベルのトッププレイヤーが集まる東京オリンピックでは、準々決勝までならどんな席でも2020円〜20000円で観戦できます。決勝でも10000円から購入可能なので四大大会のことを考えるとかなり安いです。ぜひこの機会にトッププロのプレーを見てみるのも良いのではないでしょうか。

これが穴場!新種目に期待!

東京オリンピックでは4つの新競技、空手・サーフィン・スポーツクライミング・スケートボードが追加されました。まだまだ日本ではあまりメジャーになっていないのでサッカーや野球、水泳などのようなスポーツと比べるとかなり競争率が低いと考えますここでは、僕が気になっている2つの競技を紹介します。

空手

日本発祥のスポーツ空手です。男女ともに「形(かた)」「組手(くみて)」の2種目が実施されます。男子の喜友名諒・荒賀龍太郎と女子の清水希容が注目選手とされています。室内なので暑さは関係ありませんし、日本のスポーツで日本人が優勝するところ見たくないですか?

スケートボード

個人的にかなり気になっている種目です。堀米雄斗さんが去年開かれた世界大会で優勝していて東京オリンピックでの活躍が期待されています。全く見たことがないので見ていたいです。

新種目はだいたい2020円〜15000円程度で観戦できます。認知度が低いからこそ狙うなら今しかないです。

まとめ

今回はオススメの種目を紹介しました。どうでしたか。みなさんに合いそうな種目は見つかりましたか?最初から観たい種目が決まっている人は当選を祈るのみ、迷っている人はせっかくの機会なので友達や家族と相談して応募してみてください。4年に一度の祭典が日本で開催されるなんて、もう2度とないかもしれませんよ。行くしかないですね〜〜〜。それではまた!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA